無重力の2時

  • SF

第1話 小銭と捨て子と逆転無罪

そこはイリノイ。
入りのいい美術館で有名なシカゴ美術館のある場所。
そう、炒りのいいコーヒーで有名なシカゴ美術館だ。

ポールはふと空を見上げた。
あ!あれはジョン!空を飛ぶなんて無謀だ!

そのときポールは、そばに置いてあった捨て子を拾うと咄嗟に育てた。
ジョンに投げるためだ。

ジョンまでの距離は推定20m。
ポールの遠投能力では到底届かない。
そのため、捨て子を一流のアメフト選手に育てて、小銭を投げてジョンの飛行能力を奪おうということなのだ。

古銭収集家のジョンなら、投げた小銭の年代を調べるべく、地上に降りてくるのではないか、というエナバルの如き発想である。

捨て子はすくすくと5.8倍のスピードで育った。
しかし趣味の問題か、突如漫画家になりたいと言い出した。

ポールは、これだから最近の若者は・・・と言いたいのをぐっとこらえて、デビュー作の出来で判断しようと譲歩した。

「僕とお父さん」
なんともジャンル分けしづらいタイトルである。
12ページの短編読みきり物であったため、通信教育で速読をマスターしているポールには、ものの2分とかからなかった。

なんとジョンがお父さんであるという前代未聞の暴露漫画である!
事実を漫画のデビュー作で知るという衝撃的な結末の展開。
怒りに満ちたポールはスプリングフィールドへ。

*逆転無罪は時間の関係上 無視しました。

 

第2話 酒と男と涙とお琴

飲み干したばかりのスプレー缶を丹念に磨いていた時のことだった。
ふとポールは背後の臨場感に気付いた。

これはアーケードでは味わえない巧みな駆け引きだ。
そうここはスプリングフィールド。
ハードボイルドなデンジャラスガイがパティシペイトする街。
誰もがTOEIC380点以上を叩き出す街だ。

忌々しき真実を漫画で思い知らされて早4年。

ポールはすっかり魂を抜かれたパン屋のようになっていた。
いやパン屋になりたかったサーカスの少年のようだった。
実際ポールはパンが得意ではなく、パン渡りはおろか空中パンも得意ではない。パン乗りですらだ。
そのためポールはパン屋をあきらめた。
それほど失望していたのだ。

くそぅ・・・ジョンめ・・・

ジョンの天使のような うなじが今も夢に出てくる。
我が子と同等以下かそれ以下の様に育ててきたはずだった。
手塩にかけた娘を嫁に取られる父親の友人代表の式前夜のようだ。

そのときポールは我が目を疑った。

ジョン・・・??いや、捨て子??
いやジョンと捨て子のコラボレーション??
いやジョンと捨て子と捨て琴のコラボレーションだ!

涙でかすんで前が見えないポールは、想像で楽しんだ。
そうあの日のように。

本来ならここで我が子を抱きしめるように振舞いたいのであるが、とてもじゃないがこんな荒れた唇じゃ近くで見られたくないとばかりに極度の緊張からか必死に塗るリップクリームが ぶれて口の周りにはみだして、折れて、3本も使ってしまった。

「我が子よ!」

初めて我が子と呼べた瞬間である。時間にして約1.24秒。
地球が788,400,000分の31周した瞬間である。
運命的な再会に全米が泣いた。
全英も泣いた。全仏も泣いた。全独も泣きたかった。
全日は三沢のせいで泣けなかった。馬場なら泣いていた。

「漫画は売れたのか・・・??」

「売れなかったのか??」

「そうか・・・」

果たして漫画は売れたのであろうか!?

 

第3話 飛んで火に炒るナッツの蒸し

遠い目をした野鳥の会。
愛護団体にして愛護以外での露出を余儀なくされる日本有数の財団法人。
そう、ポールは野鳥の会には興味がなかった。

ただシマフクロウイラスト入りウィスキーボトルは愛用していた。
今朝も洗い忘れてくるくらい愛用していた。

もう季節は秋だというのにサマーキャンペーンの投函チラシを捨てられない。
それには訳があった。

「父さん、漫画家として第6の人生を歩むことにしたよ」

「そうか。じゃあデビュー作は父さんに送っておくれ」

1週間後にポストに投函されたこのチラシがどうやらデビュー作のようだ。
3コマ漫画が描かれたこのチラシに、あるはずのキャンペーンポイント部分は既に切り取られていた。

「くそう・・・ジョンめ・・・」

腹筋にパーム椰子のオイルを塗るのを今も欠かさない。
これはいつジョンのボディブローがきても、ぬめりでダメージを最小限にするためだ。
いや、本当は天然ジャスミンの香り成分をたっぷり配合したマッサージオイル、「メタボオイル」にこっそり変えていた。
より効果的なボディシェイプを目指すオリジナルのマッサージをお風呂上がりの習慣にして、エステ感覚で楽しくデイリーケアしていたのだ。

その甲斐あってかポールは戌年生まれとは思えないほどの柔軟な筋肉をしていた。これはどう上に見ても巳年生まれにしか見ないほどだった。

ポールも密かにデビューを考えていた。
とにかくデビューしたかった。

「この際、贅沢は言わない。デビューを人生の目標にしよう」

デビューに向けて何でもする姿勢を学ぶために、出家した。
山へ籠り、籠り、子守、籠り・・・。

そしてある日、悟った。
ポールはそのとき既にデビューしていた。

第4話 最後の決戦ポール VS ジョン VS ポール

空は赤く染まった。

それは朝焼けなのか夕焼けなのか、大気が汚染され、空気中に化学物質のチリやホコリがたくさんただよっていると、太陽光はどんどん散乱してしまい、ますます赤い光だけが地上に届き、大気が汚れているときほど、まっ赤な夕焼けが見られるという現象も、ポールにはもはや過去の遺物だった。

ジョンとの決戦。
ふくらはぎの血栓。
市長決定選挙。

時代を反映した社会風刺ばかりが頭をよぎる。
それほどポールの精神状態は不安定で、集中すら出来ていなかった。

「奴は一体どこから現れるんだ・・・」

ポールは待ち合わせの場所であるデパ地下のお惣菜コーナーにいた。
過去19回の対戦では83%で不意打ちを喰らっているだけに、最終決戦である採集血栓の今回は不意をつかれても動じない姿勢を貫くつもりだった。

かばんの柄。
コンタクトレンズの保存液。
ミラーボールの天井との設置点。
マフラーのタグ。

どれも想像を絶するところからの不意打ちであったために、今回はサーモセンサーまで用意した。
半径1m以内に35℃~37℃の物体が接近した場合に、400km先のセコムセンターに通報され、2時間以内にセキュリティスタッフがやってくるという契約のものだ。
月額¥5,480は決して無駄ではなかったと、今夜は安眠できそうだ。
ポールは新調したテンピュール枕の使い心地に思いを馳せていた。

枕・・・
!!!

ポールは近くにあった誰かが盗んだバイクで走り出した。
バイクに乗車した上で更にポールは走り出した。
枕で真っ暗。真っ暗でサラ・マクラクラン。
そう、きっとジョンはサラ・マクラクランの代表作スウィート・サレンダーになぞらえて、カナダとの国境から攻めてくるつもりだ!

それほどポールの言語中枢を司る左脳は卒倒していた。
そのときふとスピードメーターに映った人影に目を取られた。

・・・・・

あ!あれはジョン!

ジョンは乾物に混じって一緒に真空パックされていた。

またしても不意をつかれた。
こうしてポールの夏は終わった。

思い起こせば、七夕の夜から始まったこの熱戦。
力投むなしく味方のオウンゴールで2週差をつけられドボン。
その後のマッチポイントも千秋楽でまさかのTKO。
オッズが先行し、話題性ばかりで2連続天井。

そうだ、
帰ろう。

9月1日~11月30日の禁止期間に和邇川でアユを含むすべての水産動物を採捕してやろう。
採捕禁止期間には、保護水面監視員が区域内を巡回して産卵・繁殖保護の啓発・指導にあたっているので、二ゴロブナ・ホンモロコの産卵繁殖に重要な区域が水産資源保護法に基づく保護水面に指定されていることを再認識してやろう。

こうしてジョンは20回目の対戦を勝利で飾り、ポールはデビューを断念した。
48年にも及ぶ二人の戦いがこうして幕を閉じたことで、世界に再びムーブメントが起こった。

これが後にいうビートルズ騒動である。

*長らくのご愛読、ありがとうございました。
私の父、ジョンも喜んでおります。

関連記事

  1. 現代版 モモ太郎

最近の記事

  1. 無重力の2時

    2017.12.27